ロコモティブシンドロームとは

ロコモティブシンドロームとは

ロコモティブシンドロームとは、関節や筋肉が上手に動かなくなり、歩行や日常生活に障害が発生した症候群のこと。

 

多少専門的な言い方をすれば、身体を動かすための器官に障害が起こったために、歩行などの日常的な動作が困難になり、要介護に陥るリスクが高まった諸症状のことを指します。
いったいどんな症状があるか具体例を挙げると、骨粗しょう症、膝や腰への変形関節症などが、広い意味で該当します。

 

ロコモティブシンドロームとは、大半の人には聞き慣れないような症状名です。
それもそのはず、2007年になって、日本整形外科学会が提唱した呼称であり、変形関節症や骨粗しょう症などが原因で、要介護者が増加傾向にある現状に、警告を発してもいます。
ロコモと略称されることも多く、厚生労働省などでは国民なかんずく中高年層への認知に力を入れている模様です。

 

結局、ロコモティブシンドロームとは、骨や筋肉など、体を動かしたり支えたりするための運動器に障害が発生し、要介護状態へ限りなく接近していることを指します。原因には、ヒザや腰、足首などの関節や筋肉といった運動器官そのものの病変の他、加齢も重要なファクターになっています。

 

ロコモティブシンドロームとは健康寿命を大きく縮めてしまう病気

ところで、自立した生活が可能な生存期間を、健康寿命といいますが、ロコモティブシンドロームとは、この健康寿命を大きく縮めてしまう病気です。
潜在的な罹患者を含めると患者数は4700万人ほどいると推定され、いわば国民病とさえ言えます。

 

日本整形外科学会では、自分で簡単にチェックするための7つの指標を掲げています。
自分は元気で、ロコモティブシンドロームとは関係がないと思っている人でも、

 

●片脚立ちで靴下がはけない
●階段を上がるのに手すりが必要
●連続して15分以上歩けない

 

など、1つでも該当すればリスク大です。
症状が軽いうちに、整形外科を受診するのがオススメです。